書き込みの検索
[記事]泥棒泥棒様'チ・ヒョンウXソジュヒョンX、キム・ジフンXイムジュウン、情熱の台本リーディング

 

泥棒泥棒様'チ・ヒョンウXソジュヒョンX、キム・ジフンXイムジュウン、情熱の台本リーディング

 

 

[テレビデイリーユン・ヘヨン記者]'泥棒泥棒様'で、最初の子役たちの演技続いて受ける成人の演技者たちの台本リーディング現場公開された。 

MBC週末ドラマ'泥棒泥棒'(脚本ソンヨンモク演出のギョンフン)は初放送以来、厳しい経済的環境苦労して住んでいる独立運動家の子孫と新しい時代でも既得権として生きている親日派子孫人生を対照的に描いて、重い社会的メッセージを伝達して注目されたことがある だけでなく劇中義烈団指導にまつわるミステリーが興味津々に入り込んで視聴者たちの好評を受けた。

現在、各主人公の子役たちが牽引している'泥棒泥棒様'は来る6回から成人の演技者たちが本格的に登場する予定だ。 これを控え、チ・ヒョンウ、ソジュヒョン、キムジフン、イムジュウンを含めた極の半ばを担う俳優たちがみんな集まった台本リーディング現場が公開された。

すでに序盤から劇の中心をしっかり握ってきたアンギルカン、チェジョンフヮン、ジャングヮンなども一緒に参加した台本リディングは和気あいあいな雰囲気の中で行われた。 特に ガンソジュの父であり、刑事のカンソンイルの役割を引き受けた(キム・ジョンテ)天文グループ一家の娘であるホンミエ役割のソイスク、そしてドルモクの友達として登場する犯の役割を引き受けた ショリは台本のリーディングから多様なアドリブを披露し、現場を和ませた。

もう新たに撮影に入るのチ・ヒョンウソジュヒョン、金ジフンイムジュウンも実際撮影彷彿させる情熱で台本リディングに取り組み、熱演期待するようにした。 また親世代の役割をになった先輩俳優たちとも卓越した呼吸でよどみなくリーディングを率いていった。

天文グループの会長であるホンイルグォンの役割を引き受けたジャングヮンウン台本リーディングを終えた後、"だんだん台本が興味津々となる"、しっかりとに展開される話に対する満足感を表し、子役に続き、成人演技者と呼吸を担当する中堅俳優らは、"最初から呼吸が良い"、後輩俳優たちの情熱的な演技に対する称賛と激励を惜しまなかった。

また、パンスの役割アンギルカン"私たち(チ・ヒョンウと)似ているようじゃないか"、冗談を渡しており、これに誰か"双子のようだ"応酬と、現場はまた、一度笑いに満ちていた。 ソンイル役割キム・ジョンテもソジュの役割ソジュヒョンと実際の婦女のような優しいケミストリー見せたりも。

続いてのオ・ギョンフンPDまもなく始まる長い撮影控えファイトを頼み、明るい雰囲気で台本のリーディング執り行われた。 

成人俳優の登場を予告もっと興味津々な展開を見せてくれている'泥棒泥棒様'毎週土日10に放送される。

[テレビデイリーユン・ヘヨン記者news@tvdaily.co.kr/写真提供=MBC]

SNS共有